学芸員だより(谷地森)

Profile image
谷地森 秀二
日本大学農獣医学部卒 農学博士

1967年宮城県仙台市生まれ。現在、高知県須崎市に在住。
日本大学で畜産学を学び、同大学院修士課程修了後、アドベンチャーワールドでのシャチ、バンドウイルカ等の飼育、調教、女子栄養大学人間・動物学研究室嘱託助手、栃木県立博物館学芸嘱託員など勤務。一貫して動物と関わり合う業務に従事する。
平成13年4月に高知県へ移住。平成14年9月より「NPO法人四国自然史科学研究センター」設立に参加し、平成15年4月にセンター設立後は副センター長として勤務。平成16年6月より、センター長として平成31年(令和元年)3月まで従事。
令和元年4月より越知町立横倉山自然の森博物館に学芸員として勤務、現在にいたる。
野生動物生態研究者として四国全域を対象に調査活動を展開するとともに、高知県に自然史博物館をつくる活動を続けている。

横倉山のヘビたち -あまり見かけない種類-

 四国で見つかっているヘビの仲間で、あまり見かけないジムグリ、シロマダラ、タカチホヘビ、ヒバカリの4種類を紹介します。これらすべてのヘビが、越知町そして横倉山でも見つかっています。

ジムグリ
 ジムグリは日本固有種で、体長は70~100㎝くらいのヘビです。森林で暮らし、少し湿っぽい場所で見かけます。幼蛇のころは真っ赤な体に黒い模様があってとても目立ちますが、成蛇になってくると黒い模様が消え、体の色は新しい十円玉のような渋い銅色になります。無毒でとてもおとなしく、つかまえてもほとんどかみついてきません。ネズミが大好きで、ネズミを追って土の中のトンネルに入り込みます。土の中に入りやすいように頭が小さいです。捕まえて飼ってみても、なかなか餌を食べてくれず、飼育が難しい種類です。
シロマダラ[/caption]  シロマダラも日本固有種で、体長35~70㎝くらいの無毒のヘビです。夜行性で、昼間は大きな岩や倒木が重なったような場所、人が作った石垣などの狭い隙間の中に隠れています。食べものはトカゲやヘビで、爬虫類をよく食べます。体の色は、灰色がかった白っぽい地に、はっきりとした黒いよこしまが目立ちます。体の地の色は幼蛇のころのほうが白っぽく、成蛇になっていくとうっすらと赤みがかってくるシロマダラもいます。捕まえても激しく噛み付いてくるようなことはありませんが、鋭い歯を持っていますので、むやみにつかむことはやめたほうがいいです。
タカチホヘビ
 タカチホヘビは、体長35~60㎝の森林で暮らすヘビです。普段は土の中や地面の落ち葉の下に隠れているため、なかなか姿を見ることはありません。体色は幼蛇のころは黒色、成蛇になると茶褐色になります。黄色っぽくなる個体もいて、背中の真ん中に、首から尻尾の先まで黒っぽい線があります。乾燥に弱く、うっかりアスファルトの上などに出てきてしまうと、すぐに干からびて死んでしまいます。タカチホヘビはシーボルトミミズ(高知では、カントロウと呼ばれます)を食べて暮らしています。自分と同じくらいの大きさのカンタロウを呑むのですが、いったい体のどこに入ってしまうのでしょうね?
 ヒバカリは、田んぼで見かける体長40~65㎝くらいの無毒のヘビです。昔は毒蛇と思われていて、「噛まれたら、その日ばかりで死んでしまう」と思われていたためこの名前が付いたと言われています。体色は褐色で、口の端から首にかけてよく目立つ黄色っぽい模様があります。カエルや魚が大好物で、陸に上がってきたばかりの子ガエルを狙って水辺に現れます。横倉山でヒキガエルの子ガエルたちを、ヒバカリがパクパク食べている現場を見たことがあります。
ヒバカリ
これらの4種類、皆さんは見かけたことがあるでしょうか?ヘビで不思議に思ったことがあったら、博物館へ是非お問い合わせください。

巡回展「拝啓 牧野富太郎さんへの手紙」

巡回展「拝啓 牧野富太郎さんへの手紙」

佐川町、越知町、高知県立牧野植物園、練馬区立牧野記念庭園と当館が連携する牧野富太郎生誕160年記念事業の巡回展で、2021年に実施した手紙コンクール「拝啓 牧野富太郎さんへ」に寄せられた手紙の中から、「牧野富太郎賞」などに選出された作品を展示しています。

  • 会期:令和4年10月1日(土)~令和4年11月27日(日)
  • 時間:午前9時~午後5時
  • 休館日:毎週月曜日 ※10/10は開館
  • 入場料:博物館入館料でご覧いただけます。