目的と事業

博物館の目的

横倉山自然の森博物館は、横倉山に対する総合的な理解を深めることにより、人と自然とのよりよい共存関係を築いていくとともに、自然史に関する資料を収集保管、展示等を行い住民の知識及び教養の向上と学術、文化の発展に寄与することを目的とする。

博物館の事業

  1. 横倉山の自然、歴史、文化に関する資料等の収集保管及び展示を行うこと。
  2. 博物館が収蔵する資料の案内、説明等を行うこと。
  3. 博物館が収蔵する資料に関する企画展示及び講演会、研究会等を行うこと。
  4. 博物館が収蔵する資料に関する専門的、技術的な調査、研究を行うこと。
  5. 観察会、見学会その他の交流事業を行うこと。
  6. その他博物館の目的を達成するための必要な事業。

越知町立横倉山自然の森博物館条例

越知町立横倉山自然の森博物館管理運営規則

巡回展「拝啓 牧野富太郎さんへの手紙」

巡回展「拝啓 牧野富太郎さんへの手紙」

佐川町、越知町、高知県立牧野植物園、練馬区立牧野記念庭園と当館が連携する牧野富太郎生誕160年記念事業の巡回展で、2021年に実施した手紙コンクール「拝啓 牧野富太郎さんへ」に寄せられた手紙の中から、「牧野富太郎賞」などに選出された作品を展示しています。

  • 会期:令和4年10月1日(土)~令和4年11月27日(日)
  • 時間:午前9時~午後5時
  • 休館日:毎週月曜日 ※10/10は開館
  • 入場料:博物館入館料でご覧いただけます。