その他

令和4年度学芸員実習生募集について

学芸員実習生受入について

目的

博物館において求められている「学芸員」(博物館法第4条第3項及び第4項)の資格取得について、博物館法施行規則第1条に基づく「学芸員実習」を行い、学芸員としての知識、技能等を修得してもらいます。
これにより、資格取得への協力を図るとともに学芸員の育成に寄与します。

対象

  • 将来、博物館の学芸員を希望もしくは自然史博物館業務に熱意をもつ者。
  • 実習期間中、大学または大学院に在学中で、博物館法施行規則第1条に定められた博物館に関する科目の単位を履修済みまたは履修中の者。
  • 大学または大学院の理系学部・学科(教育学部等を含む)に在籍している者。
  • 実習の全日程に参加できる者。

実習内容について

  • 実施期間
    5~7日間(要相談)
  • 実習メニュー
    野外調査のための軽登山、中型哺乳動物(タヌキ・ハクビシンなど)の標本化作業(解剖ふくむ)など、汚れたり臭いが強い作業をしたりすることがあるので、あらかじめ理解した上で希望してください。

定員

4名(先着順)

募集期間

令和4年4月1日~6月30日 ※事前予約は受付いたしません。

申込および問合せ方法

メールにて、以下までご連絡ください。

送信メールの件名を、「令和4年度 学芸員実習について」として送信ください。
メールを送信してから1週間以内に、谷地森から受信確認メールを返送します。
1週間経っても受信確認メールが届かない場合には、電話でご連絡ください。

巡回展「拝啓 牧野富太郎さんへの手紙」

巡回展「拝啓 牧野富太郎さんへの手紙」

佐川町、越知町、高知県立牧野植物園、練馬区立牧野記念庭園と当館が連携する牧野富太郎生誕160年記念事業の巡回展で、2021年に実施した手紙コンクール「拝啓 牧野富太郎さんへ」に寄せられた手紙の中から、「牧野富太郎賞」などに選出された作品を展示しています。

  • 会期:令和4年10月1日(土)~令和4年11月27日(日)
  • 時間:午前9時~午後5時
  • 休館日:毎週月曜日 ※10/10は開館
  • 入場料:博物館入館料でご覧いただけます。